グリップの持ちやすさに驚いた!Nikonのフルサイズ機、D750を購入

D750

スポンサーリンク

買っちゃった!

フルサイズがやってきた

こんにちは、マトンです。
ついにこの時が来ました、それもいきなり、自分が一番びっくりしています!

Nikon D750!!

購入までの流れ…

家で愛用しているドルチェグストのカプセルが切れたので量販店に買い物へ

購入後、いつも通りカメラコーナーへ

フルサイズいいなぁ~(お金もまだ足りないし、やっぱりフルサイズはまだ早いか…)

交渉したらどのくらいまで下がるのかな?まあ聞くだけだし..

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!「おれは ドルチェグストのカプセルを買ったと思ったら いつのまにかD750が手元にあった」

と、まあこんな感じです。
普段大きい買い物をするときは「買う!」心を決めていくのに、

今回は全く買う気はなかったのにこの状況。

家についた後もしばらく呆然…ただし、開封したらテンションは一気に上がりました。

開けてみよう^^

1

どうしよう..買っちまっただ..の状態

2

おお!

3

おおおおおおおぅ!(テンションあがりすぎてピントが…)

4

カッコいい!

デカイねやっぱり

開封が始まったらもう頭の中はお祭り状態!
何度も何度もお店で触っていたのに、やっぱり浮かんだ感想、デカい。

確かにフルサイズ機の中では小さいほうだが、APS-Cと比べるとやっぱりデカい。

5

D5300と並べてみた

6

やっぱりデカい

すごい持ちやすい

なぜD750にしたか、やっぱりグリップですね。すごく持ちやすい。
そしてシャッター音。好みが分かれそうな音ですが、自分にはドンピシャな音です。
まだ本格的に使用していませんが、シャッターを切るたびにニヤニヤします。
そう、シャッターを切るたびにニヤニヤしてしまうんです。(この感覚、すごく大事)
またD5300と比べるとボタン類が一気に増えましたが、違和感なく使えました。
以上、年末に訪れた突然のフルサイズへの移行の様子でした。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA