三脚も保持できるカメラバッグ、Manfrotto MA メッセンジャーバッグMを購入!

メッセンジャータイプ、リュックタイプと現状カメラバッグを2つ所有しているわけですが、

もう一つ買ってしまいました。

スポンサーリンク

三脚をバッグに固定したい

現在使用しているカメラバッグ、HAKUBA カメラバッグ プラスシェル シティ03 メッセンジャーですが、使用して3か月ほど経ってもこれと言って不満はありません。

カメラは取り出しやすいし、サイズもちょうどいいです。

ただ一点だけ惜しいところがあります。

三脚を固定して持ち運びたい。

別々に運ぶこともできるけど

もちろん三脚を購入した時に同時にバッグもついてきて、それで持ち運びもできるわけですが、別々に持ち運ぶとちょっと邪魔になることがありました。

もちろん前回カメラバッグを買う時に、できたら三脚を固定できるタイプをと思っていましたが、なかなかいいものが見つからず。

Manfrottoのメッセンジャーバッグがいい感じ

たまたまカメラバッグをネットで物色していたら、ひときわ目を引くカメラバッグがありました。これです。

すごい色だなと。この赤は日本別注だそうです。

今使用している三脚がまさにManfrottoのトラベル三脚「Beefree」なので、組み合わせもばっちりです。

なんとレインカバーまでついているので、突然雨に襲われても平気ですね。

すごく魅力的だったので、早速購入してみました。

購入そして開封!思ったより大きい

到着したバッグをさっそく取り出してみました。

外観

色はブラックとレッドがあったのですが、レッドにしてよかったと思います。

確かに派手な色ですが、嫌いじゃない赤です。

DSC_5417

大きさは想像していたより大きいです。容量はハクバのものの2培近くあります。

DSC_5418

フラップはバッグの横でカチッと止めるタイプです。

S__9977870

もちろん必須条件の上部ジッパーもついています。

バッグの中

blog-5421

仕切りはこの三種類とグレーの大きい1枚。赤い仕切りのみ取り出してみました。

特徴的な形ですね。

DSC_5422

グレーの仕切りのみつけた状態。写真だとわかりにくいですが、結構深さがあります。

三脚取り付け部

今回最も期待している部分です。

バッグ外側に収納されている三脚収納部分を取り出すとこんな形になります。

DSC_5425

バッグの外側にトンネル状の収納部分が現れました。両端が巾着上になっているので、

ここで縛るタイプです。さっそく三脚を固定してみると。

DSC_5427

こんな形で収まります。いい感じですね。

機材をすべて詰めてみる

前回から機材の変更はないので、入れるものは

  • カメラ本体(D750)+レンズ(24-85 標準ズーム)
  • 交換レンズ(18-35広角ズーム)
  • フィルター類
  • クリーニング用品
  • レリーズなどの小物
  • 三脚

全部詰めるとこんな感じです。

IMG_1451

まだまだ余裕があるので、レンズもう一本くらいは問題なさそうです。

また、深さがあるため、カメラの上にも何か詰められそうです。

肩から掛けた状態はこちら。

DSC_5429

大きいですが、問題なく取回せるサイズです。

良い点・悪い点

今回購入したカメラバッグですが、良かった点と悪かった点があります。

良かった点

  • 三脚を固定できるので、三脚が持ち出しやすくなった
  • 容量がたっぷりあるのでフルサイズ+レンズ2本でも余裕で入る
  • 上部のジッパーがあるのでいちいちバッグを開けずに機材の取り出しができる

やっぱり三脚を取り付けられるのは大きいメリットです。

悪かった点

  • バッグ全体が柔らかめなため、あまりカメラがしっかり固定できない
  • 仕切りが使いにくく、自由度が低い

特に2番目は深刻です。

写真をよく見るとわかるのですが、バッグの半分の両サイドにポケットがついているのですが、もちろんそこに仕切りを付けることができず、仕切りの付け方を工夫してということがあまりできません。

さらに筒状のクッション材はレンズを包めるかと思いきや、ぎりぎり足りずという状態。

せっかく容量が大きいのに、ちょっともったいないなと思ってしまいます。

まとめ

今回はずっと欲しかった三脚が取り付けられるタイプのカメラバッグ「Manfrotto MA メッセンジャーバッグM」を購入しました。

バッグ自体が大きい分中の収納スペースは広くなっています。

ただし、その広いスペースを使いこなすには仕切りの自由度が足りない気がします。

三脚がいらないときはハクバのカメラバッグ、三脚を使う時はManfrottoのカメラバッグという形で使い分けていきたいと思います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA