汚れたレンズを綺麗にクリーニング!仕上げはレンズペンで

撮影しているとどうしてもついてしまうのがレンズの汚れ。

ちょっとした埃であればブロアーで、指紋であればレンズペンで対応できますが、

水滴の跡などはなかなか落ちないものです。

今回は大体の汚れを綺麗に落とせる、クリーニングティッシュを使ってレンズを掃除してみたいと思います。

スポンサーリンク

レンズが汚れた

結婚式の撮影から戻ってきて、使ったレンズを見てみると、水滴の跡のような汚れが。

blog-2981

基本的に保護フィルターを付けているので大丈夫かと思っていましたが、フィルターを交換しているときについてしまったのでしょうか。

何度かこのような汚れがついてしまった時がありますが、たいていの場合レンズペンだけでは落ちませんでした。そこで、ウェットタイプのクリーニングティッシュを併用してきれいにしてみました。

実際に掃除してみる

今回レンズの掃除に使用したのはこの3点。

  • ブロアー
  • ウェットクリーニングティッシュ
  • レンズペン

blog-2985

実際にやってみたいと思います。

1.ブロアーで埃などを飛ばす

まずはブロアーでレンズ全体を吹いて埃を飛ばします。

blog-2987

埃がついたままレンズ面を拭くと傷がつく可能性があるので。

先に飛ばしておくことが重要です。

この作業は日常的にやっていると思います。

今回使用したブロアーはこれ。

2.ウェットクリーニングティッシュでレンズを拭く

次にクリーニングティッシュでレンズを拭きます。

今回使用したのはこの商品です。

100枚入りなので、当分終わらないでしょう(笑)

コンパクトに折りたたまれているので開いて使用します。

blog-2988

これでレンズを円を描くようにやさしく拭き取ります。

blog-2989

ゴシゴシ拭かなくても簡単に汚れが落ちてくれます。

拭き終わったレンズがこちら。

blog-2990

まだ拭きむらが残っていますが、乾いてくるときれいになります。

ただ、完全に乾いても拭きムラが残ってしまうようです。

写りに影響があるのかないのかはわかりませんが、

やっぱり気になるのでピカピカにします。

レンズペンで仕上げ

ここで登場するのがとても頼りになるレンズペンです。

フィルター用、レンズ用、ファインダー用がセットになったものが便利です。

これで拭きムラを綺麗にしていきます。

キャップを取ってクルクルやるだけなので簡単です。

blog-2992

クリーニング完了

ブロアー→ウェットティッシュ→レンズペンと3つの道具を使ってレンズのクリーニングした結果がこちら。

blog-2995

ちょっと画像がノイジーですが、ピカピカになりました。

これですっきりした気持ちで次回の撮影に臨めそうです。

この方法が正解かはわかりませんが、今のところ問題なく撮影ができています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA