マンフロットのリュック(バックパック)レビュー!驚くほど使いやすいカメラバッグでした

マンフロットのバックパックを購入したという記事を書きましたが、

今回は実際に使用してみてのレビューを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

やっぱり使ってみないとわからないね

カメラバッグ沼からの脱出を目指して購入したカメラバッグ、Manfrott MB MA-TRVの使用感をレビューしたいと思います。

max16011542-2_TP_V

やっぱり見ただけでは使ってみてどうか?まではわからないので、実際に使ってみて便利だったところや、イマイチだったところを書いてみます。

ちなみに、購入してからバッグ使用したのはこの2回。

  • 長野1泊2日旅行(三脚は外した状態)
  • 山梨1泊2日旅行(三脚は収納した状態)

特に山梨の方は、ほぼずっと4kg近い荷物を入れて持ち歩いたので、じっくり使い心地を検証できました。

ちなみに、このバッグはどんなもの?と気になった方は、こちらをご覧ください。

(参考:マンフロットのトラベルバックパック(MB MA-TRV)を購入!沼脱出なるか?

三脚なしでの使い心地

まずは三脚を入れない状態での使用感です。

バッグに入れたものは、

  • カメラ:D750+24-85mm標準ズーム
  • 18-35mm広角ズーム
  • ブロアー
  • レンズペン
  • レリーズ、交換バッテリーなどの小物類

たぶん3kgぐらいですかね。

2016-11-04-21-00-20

カメラはこのように入れるとちょうどよかったです。

重くなったはずなのに、メッセンジャーより軽く感じる

このカメラバッグは、それ自体が1.5kgあります。

以前メインで使用していたハクバのカメラバッグが約600g。

収納しているものも変わらないので、単純に考えれば重くなるはずです。

しかしバックパック型のため、うまく両肩に荷重がかかり、遥かに軽く感じます。

カメラの取り出しやすさはメッセンジャー型とほぼ変わらず

やっぱりメッセンジャー型ってカメラがすごく取り出しやすいんですよ。

カメラバッグ

こんな感じでがばっと上から取り出せるのが、最大の利点でした。

これがある限り、カメラの取り出しやすさはメッセンジャー型が一番かなとも思っていたのですが、意外と今回購入したバックパックは使いやすかったです。

s__37912581

片方のストラップを肩から外して、バッグを前に。

後はジッパーを開いてすぐに取り出し。

手間はメッセンジャー型とほとんど変わりません。

むしろ交換レンズなども同じ要領で取り出せるのでこちらの方が取り出しやすいかも、と思うくらいです。

続いて三脚を収納した状態での使い心地

続いて、先ほどの状態に、三脚を追加した場合の使い心地です。

三脚はこのようにベルトで固定することもできますが、img_38021

ポケットに収納することもできます。

s__37912583

今回は、紅葉祭りで激混み状態の河口湖で撮影をしていたので、安全を考えてポケットにしまうことにしました。

重いものは重いです

先ほどの荷物に1.4kgの三脚が加わるので、バックの自重を加えればたぶん5kgぐらいにはなっていたと思います。

三脚はこれ。

この状態でも、両肩にうまく荷重が分散して、そこまで重さを感じませんでしたが、

やはり長時間背負っていると少し重さを感じました。

たぶん慣れれば問題ないのかもしれません。

三脚の取り出しなどはどうか?

今回は早朝の富士山を撮影するために、撮影場所まで移動し、

そこで実際に三脚の取り出しをして撮影しました。

特に不満もなく、スムーズに取り出すことができました。

三脚付属ケースでは、取り出して足を反転させるという、面倒な作業がありました。

しかし、このバックパックの場合は、脚を縮めただけで収納できるので、取り出した後の面倒な作業も不要です。

これはとても助かります。

MAX98_yattazeyossya20140531_TP_V

良い・悪いのまとめ

使ってみてよかった点、イマイチな点をまとめたいと思います。

良かった点

まず感じたところとしては、バックパックもカメラ取り出しやすいじゃん!というところ。

取り出しやすさが最大のネックだった為、バックパックにはためらいがありましたが、使ってみたら全然問題なく、むしろこっちの方が使い易いかもというくらいの感覚です。

そして肩への負担が減ったこと。

肩掛けのメッセンジャーと違い、両肩で重さを支えるため、体感的にとても軽く感じます。

もちろん三脚も入れると重いのは確かですが、入れた状態で7kmほど歩いてもそれほどつらさは感じませんでした。

収納力もカメラ以外を入れるスペースがあるので便利です。

カメラスペースはとてもしっかりした作りになっているので、安心してカメラを入れておけます。

ちょっといまいちな点

驚くことにほとんどありませんでした。

強いて言うなら、ちょっと不満に思うのが三脚の収納場所。

入れやすく取り出しやすいのですが、袋状になっているため、

三脚の脚の先についた汚れがたまらないかな?と心配になります。

収納する際は良く拭いて入れるを心掛けたいと思います。

まとめ

今回は最近購入したマンフロットのバックパック(MB MA-TRV)を実際に使ってみての使用感を書いてみました。

沼脱出がかかったお買い物でしたが、見事沼から抜け出した気分です。

本当に使いやすい。

今年買ってよかったものの中で一番ではと思えるほどです。

まだ使用歴は浅いので、気づいたことがあったらその都度書いていきたいと思います。

このレビューが、購入を迷っている方の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA