EOS 80Dで動画時のモード設定?オートではなくマニュアルモードで動画撮影とは?

今まで動画撮影する際のモード設定って意識したことなかったんです。

絞り優先AE(Av)で写真撮影して、その流れで動画撮影に切り替えてました。

そうすると朝日や夕日撮影のときに自動的に感度(ISO)が変わってしまい、自分の思った動画が撮れていなかったんです。

スポンサーリンク

せっかくの一眼レフカメラでの動画!思った絵が撮りたい

そんなときに、マトンからマニュアルモードで撮影すれば感度を固定できると聞いてびっくりしました。動画ってオート撮影のイメージがあったので、設定できるとは知らずに撮影していました。(ただのカメラ初心者なんです。。。)

失敗した時の動画

わかりにくいかもしれませんが、この動画の2分35秒辺りから見ると夕日の明るさによってISO感度が自動的に変わってしまっています。

この時は絞り優先AE(Av)で撮影した状態で動画に切り替えていました。

成功した時の動画

こちらの動画はマニュアルモードで設定した後、動画撮影をしています。この動画の前半はD750で撮影していますが後半はCanon EOS 80Dで撮影しています。

特にこの動画の1分55秒あたりを見るとわかりやすいかもしれません。波打際から太陽の方に動かしても動画全体の明るさに大きな変化が出ることなく、夕焼けが綺麗に撮影できます。

設定方法は簡単でした

ダイヤルをマニュアルモード(M)に設定します。

この状態で動画モードにします。

するとシャッタースピードやISO感度、絞りを変更することができました。

フレームレート(60fps)に合わせてシャッタースピートは1/60固定のまま、ISO感度や絞りを設定して動画撮影すると自分のおもった動画を撮ることができました。

シャッタースピードを固定にしていたらフリッカーが!

今回、夕日撮影ではシャッタースピードを固定で撮影していましたが、江ノ島のイルミネーション撮影時にもそのままにしていたら、ライトがチカチカ。フリッカーという現象でした。

その時の動画がこちら↓

この状態になった時はシャッタースピードを電気の周波数と同じ50の倍数(1/50,1/100・・・)で設定するといいみたいです。
※関東の電気の周波数は50Hzなのでそれで説明しています。

この時はイルミネーション撮影は失敗でしたが、次回うまくいくといいです。。。

まとめ

今回、動画時のモード設定について簡単に触れましたが、いろいろ試してみたところ、やっぱり動画撮影する時はマニュアルモードで撮影する方が良さそうです。

動画でもいろんなモードを試してみるのも楽しいかもしれません!動画でのモード設定も意識してみてください。

もっと、動画撮影もうまくなりたいな。。。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA