手持ちでも意外といける?ランドマークタワーからの夜景を撮ってみた

昨年に引き続き、来年のカレンダーを自分たちの写真を使って作ろうと計画しています。

月ごとに写真を選んでいる最中なのですが、12月にしっくりくるものがない!

12月といえばクリスマス・・・イルミネーション!

ということで、夜景の綺麗さには定評があるランドマークタワーに登って撮影してきました。

スポンサーリンク

日曜の夜、ランドマークタワーへ

ランドマークタワー自体は昼間登ったことはありますが、実は夜登るのは初めてです。

(参考:地上273mから見た横浜の街並み!始発で行こうSeason2 みなとみらい編)

登ったのは18時くらい。混んでるかと思いきや、意外とゆっくりできました。

今回は手持ち撮影のみ

屋内からの夜景撮影の場合、写り込み防止の暗幕を持ち込んだり、三脚を使ったりする人もいると思いますが、今回はそこまでしません。

オール手持ち撮影です。

ちなみに機材は、

  • カメラ Nikon D750
  • レンズ AF-S 24-70mm f/2.8E ED VR

早速撮影

今回はせっかくf2.8通しの明るいレンズでの撮影なので、f/2.8、ISO3200or6400で撮影しています。

4段分の手ぶれ補正の効果か、なかなか行けますね。

もちろん細部を見たらノイズは結構乗りますが、このサイズなら全然気になりません。

クリスマス的なイルミネーションもいいのですが、こういったビルの明かりもいいですね。

上から見ると結構面白い形。地上から見るのとは違います。

ちなみに、Lightroomで色々弄ると、これくらいにはなります。

時代の進化はすごい。

ランドマークタワーのクリスマスツリー

展望台を堪能した後は、クリスマスツリーを見にいってきました。

全体像も撮ったのですが、ツリーの周りの人形がいい被写体でした。

こちらはピーターラビット

ちなみにピーターラビットは外のドッグヤードにもいました。

その先には、一面のイルミネーション。

手持ち撮影でも意外といけた

高感度に強いカメラと強力な手ぶれ補正付きレンズを使えば、

夜景のスナップでもそこそこイケました。

もちろんノイズはのるし、じっくり撮った写真には敵わないかもしれませんが、

三脚を使わずパシャパシャ撮れるので、撮影していて楽しいです。

たまにはこういうのもいいですね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA