ハート形の湖で菜の花と戯れる-北竜湖に行ってきた-

前回の記事では星空の撮影に行きましたが、

昼間も長野には魅力がいっぱいです。

その一つが飯山市の菜の花です。

ちょうど見ごろだったので撮影に行ってきました。

スポンサーリンク

菜の花を求めて飯山へ

飯山市というと長野の中でも豪雪地帯として有名ですが、

昨年開通した北陸新幹線の停車駅としても知名度が上がっています。(おそらく)

そんな飯山ではちょうどGWごろに菜の花が満開になります。

今回はその菜の花の撮影を目的に出かけました。

飯山はこの辺り

長野県の北部に位置しています。

地図上はこちら。

GW期間中は菜の花祭り開催中

飯山市では毎年菜の花祭りを開催しています。

しかし会場は結構混雑しているようで駐車場なんかも苦労しそうです。

そんな懸念から、実は今までメイン会場に行ったことがありません。

今回こそはとも思いましたが、他に行ってみたいところがあったのでそちらを優先。

北竜湖に向かいます

北竜湖は飯山市にある湖です。

湖全体を上空から見るとハート形をしていることから、恋愛成就のスポットになっているそうです。

そして、北竜湖にもたくさんの菜の花が咲いています。

駐車場は混雑していましたが、なんとか入ることができました。

到着

北竜湖

到着してすぐこんな景色が飛び込んできます。

また湖と反対側にも菜の花が咲いています。

撮影しているのはラムさんです。

北竜湖

左側に見える古民家は北竜湖資料館となっています。

何があるのかは入っていないのでわかりませんが、いい雰囲気ですね。

湖畔に下りてみる

菜の花を横目に湖畔に下りてみると、絵になる木がありました。

趣のある形ですね。

北竜湖

夏って感じですね。こういうの好きです。

また湖畔側から見た菜の花もなかなか。

菜の花

人が少ないわけではないですが、あまりごみごみした感じではなく、

ゆったりできました。

北竜湖

ボートにも乗ればよかったかなぁと少し後悔。

こんな景色も

湖畔を少し離れるとこんな景色に出会いました。

近くの温泉施設の敷地内にあり、冬はスキー場となっているようですが、

夏は芝生の上に椅子やテーブルが置いてあり、ゆったり本を読んだりしたくなる空間が広がっていました。本、読まない人なんですけどね。

北竜湖

スキー場といえば

北竜湖の帰りに通ったのですが、冬はスキー場でも夏場は普通に車で走れる場所が何か所あります。

ここはそのうちの一か所なのですが、広すぎ、何もなさすぎで変な感じですね。

木島平スキー場

とにかく広いです。

木島平スキー場

適当に走っていてこういう場所に出会うのも楽しいですね。

道幅が狭く、またあまり舗装もよくないので少し怖いですが、夏限定の楽しみですね。

東京から約2時間

今回は飯山に菜の花の撮影に行ってきました。

北陸新幹線の開通で、東京からわずか2時間ほどでアクセスできます。

また、駅にはレンタサイクルもできたようでますます観光しやすくなっています。

菜の花はもちろん、春の桜、秋の紅葉、冬の雪景色など都会にいるより

四季を色濃く感じることができると思います。

また違う季節に訪れたいと思います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA