寒い冬の撮影では必需品?!無印良品でミトン手袋を買ってみた

寒い冬。

澄んだ空気の中の撮影や、雪化粧した景色の撮影に行くことも多いかと思いますが、

素手でカメラを持っていると相当寒いですよね?

今回カメラの撮影でも使えるんじゃないかという手袋を見つけて買ってみたので、

その使い心地を書いてみます。

※スマホで撮影しているので、いつもと違う感じの写真になっています。

スポンサーリンク

今持っている手袋

一昨年の冬に小樽へ旅行に行った時、もちろん寒いのはわかっていたので、

手袋を購入してから現地に向かいました。

たしかコンビニで購入した1000円くらいのものです。

ごくごく一般的な手袋ですね。

意外と乗り切れた

たまたまあまり寒くなかったこともあり、この手袋でも十分寒さをしのげました。

また、そこまで暑さがあるわけではないので、ごわごわせず使いやすかったです。

これで特に不満はなかったのですが、他にもどんな手袋があるのか?

ネットをさまよっていたら、無印のミトン手袋がよさそうとの情報があり、気になったので買ってみました。

無印のミトン手袋を買ってみた

とりあえず近くの無印に行って購入。

外見はこんな感じです。

内側にはフリース素材

そのまま手にはめてみるとこんな感じ。

なんだかすごく暖かいです。

というのも。

裏地がフリース素材になっていて、肌触りもいいし、暖かくていい感じです。

思った以上に厚みがありました。

指を出してみる

全体像を見るとわかる通り、指先部分はぱかっと開くようになっており、

開いてみると

このような形になります。

なんかカッコいいですね。

親指部分も同じようになっていますが、他の四本の指とは独立しています。

実際に使ってみた

購入後、さっそく撮影で使用してみました。(2017初日の出)

撮影場所まではミトンのまま、撮影中は指を出したりひっこめたりして使用感を確認しました。

ミトンの時はあったかい

ミトンの状態で使用していると、やはりとても暖かいです。

20分ほど歩いて撮影に向かったため、手が少し熱くなるくらいでした。

途中少し外したりしました。

そんなホカホカの状態で撮影場所の大さん橋の到着。

風が結構吹いていましたが、その中でも寒さを感じることはありませんでした。

指先を出すと・・・やっぱり寒い

わかりきっていたことではありますが

この状態だと指先がすぐに冷たくなります。

少し出していただけで感覚が鈍くなるくらいでした。

ただ、指先が出ているので、カメラの操作性は抜群でした。

ちょっと手のひら部分の厚みは気になりますが、全然許容範囲内です。

ただ、機種によっては持ちにくいかなぁという印象です。

秋ぐらいに使うならいいかもしれない

実際に寒い中で使用してみて、やっぱり普通の手袋の方がいいかなというのが正直な感想です。

確かに操作はしやすいのですが、結局指が冷えてしまってはうまく操作できなくなってくるので。

ただ、工夫次第ではもう少しましになるのかな?という気もします。

冬はちょっと厳しいですが、ちょっと寒くなってきたくらいの時期であれば、

使いやすいかなと思います。

まあ、もともと撮影用に作られたものではないので、ちょっとスマホをいじったり、

細かい作業をするという使い方で考えると、とても使いやすい手袋だと思います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA