ソフトフィルターを使ってファンタジックな雰囲気に!夜景や星空撮影のお供にどうぞ

今までの撮影でソフトフィルターを使ったことが何度かありますが、

記事としてまとめたことがないなと思い、

今回はソフトフィルターについて書きたいと思います。

スポンサーリンク

ソフトフィルターとは?

ソフトフィルターは被写体の光を滲ませ、柔らかく見せる効果があります。

光が強いほど大きく滲むので、夜景の撮影などで、光源をよりファンタジックに見せることができます。

ポートレートにも使用される事があるようですね。

種類

NDフィルターに段階があるように、このソフトフィルターにも様々な種類があります。

画像はケンコー・トキナーのHPに載っていたもの。

ケンコー・トキナーHPより(http://www.kenko-tokina.co.jp)

私は持っているのはPROソフトン(A)なので、今回はこれを使った写真を紹介します。

どのような写真になるか?プロソフトンAの場合

実際にソフトフィルターを付けて撮影するとどうなるか、試してみます。

まずは元の画像。

そしてソフトフィルターを付けて撮影したもの。

全体的にふわっとした感じになりますね。

わかりづらい?

上の写真はあまりわかり易くなかったかもしれないので、

とてもわかり易い例をもう一つ。

まずはソフトフィルターなしの写真。

ソフトフィルターなし

続いてソフトフィルターを付けて撮影したもの。

ソフトフィルターあり

一つ一つの光源がぼんやりと大きく写り、ファンタジーな見た目です。

さらにわかりやすく拡大してみると。

ソフトフィルター

このような違いが出ています。

絞りに依る変化を見てみる

ふんわりからカッチリまで、一眼レフのカメラでは絞りを変えることにより、

解像感が変わります。ソフトフィルターと組み合わせた時に絞りを変えるとどうなるか?

試してみました。

今回は80Dに24mm f/2.8のパンケーキレンズを付けて撮影しています。

絞り開放(f/2.8)

まずは絞り開放。

ぼんやりとした光がいい感じですね。描画はかなりふわっとしています。

f/8

続いてちょっと絞り込んだf/8。

中心部はふわっとしたままですが、外側に向かって光が収束しています。

これはソフトフィルターを付けていなくても同じですね。

f/18

もっと絞り込んでf/18。

かなり光条がはっきりしましたね。

これで夜景を撮影してみたら面白いかもしれませんね。

f/22

最大限絞り込んだf/22。

ここまで絞ると変な滲みが出始めます。

これはちょっと絞りすぎですね。

星空に使ってみよう

個人的にこのフィルターを最大限生かせるのが星空の撮影ではないかと思っています。

そのまま撮影

星空を何も付けずに撮影すると大抵こうなると思います。

天の川

確かに細かい星が見えて良いのですが、もう少しインパクトがほしいところ。

ソフトフィルターを使って撮影

そこでソフトフィルターを付けるとこうなります。(写真が違うので厳密に比較はできませんが)

オリオン座

明るい星は大きく、暗い星は小さく写ります。

この効果により、よりメリハリが付いた写真になります。

ソフトフィルターと星空

地上の夜景もいい感じになります。

まとめ

今回は今までちょこちょこ登場していたソフトフィルターを紹介しました。

夜景や星空以外に、桜をはじめとした花の撮影にも使えます。

デメリットとしては、局所的ではなく全体的にソフトな描写になるので、地上はカッチリ、星空はふんわりなどの使い方ができません。もちろん合成すればできますが・・・。

ただし、殆どの場合、そうしようとしてフィルターを使っているので気にならないと思います。

自分の場合は、レンズを買ってフィルター径が変わっても、プロテクターとともに必ず購入するフィルタです。

これを一枚持っておくこと、表現の幅が広がるのでおすすめです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA