初めてのスピードライト、Nikon SB-700を購入!開封と試し撮り

久々の機材購入です。

以前から気になっていた”スピードライト“をついに購入しました。

今回は興奮しながらの開封とちょっとした試し撮りをしてみました。

スポンサーリンク

なぜスピードライトを購入したか?

実はカメラを始めた時、自分の中では絶対に買わないだろうなと思っていたのがスピードライト(ストロボ、外付けフラッシュ、面倒なので以下ストロボ)でした。

何故かと言うと・・・

  • ストロボってプロが使うんでしょ?自分にはいらないかな
  • 内蔵フラッシュがあるじゃない
  • そもそもあまりフラッシュ焚いた写真が好きじゃない

と言った理由からです。

なぜ欲しくなったのか?

きっかけは自分の結婚式でした。

複数のストロボを使いこなし、いろいろなところから光を当て、反射させ、作品を仕上げていく

そもそもカメラと切り離してストロボが使えることすら知らなかった自分には結構衝撃的でした。

その経験から、ストロボは自分の中のいつか欲しいものリストに入りました。

内蔵ストロボでは、バウンス撮影ができないこともないですが、光量などの面からもやっぱり外付けの方がいいと思ったので、ストロボを買おうと思いました。

(ちなみにほしいものリストの中身は、フルサイズ一眼、ストロボ、2.8通しの標準ズーム。ほぼ達成してる)

SB-700を選んだ理由

購入する前、SB-700とフラッグシップのSB-5000で悩みました

どうせ買うなら1つくらいフラッグシップモデルを買っても良いのではないか?

最上位モデルを購入すればきっと後悔しないだろうと思ったからです。

でも選んだのはSB-700。

何より、まずはバウンス撮影がしてみたい、そして色々勉強したい。

仮にもっと上のモデルが欲しくなっても、複数灯でのライティングに使えるので無駄にならないと考えたからです。

ということで、早速購入したストロボを開封していきましょう。

Let’s 開封

注文の翌日には到着。世の中便利になりましたね。

届いたのがこちら。

おもったよりも小振りな箱でした。

早速開けてみます。

ポーチが出てきました。個の中にすべて収納できます。

ちょっと持ち出したり、保管には便利そうですね。

中身を確認していきます。

説明書とか保証書とか。あと作例集がついていました。今後これを参考に勉強していきたいと思います。

そしてメインの部分。

ストロボ本体とバウンスアダプター、カラーフィルター、

そして本体とスタンドが入っていました。

どんな場面で使うのかなどまだこれから勉強ですね。

本体の液晶部分。こちらも説明書とにらめっこしながら徐々に学んでいくとしましょう。

D750に装着してみる

早速使用しているD750に装着してみます。

カッコイイ!

いい感じですね。ただ、結構な重さです。

ストロボは電池込みで約450g。

ボディ+レンズも含めると、約2kg。なかなかの重さです。

これに大三元標準ズームなんて付けたら3kgになりますかね、重そう・・・。

APS-Cモデルにつけたらだいぶ大きく感じるかもしれませんが、フルサイズのD750にはちょうどいい大きさに見えます。

試し撮り

早速写真を撮ってみました。

まずは室内で蛍光灯の明かりのみ。

ピントが外れていますが、ご容赦下さい。興奮気味で撮影しているもので・・・つい。

続いて、ストロボを天井に向けてバウンス撮影。

比べてみると、影の出方や色合いなどが違います。

まだまだ使い方をマスターしていないので色々間違っているかもしれませんが、とりあえず撮ってみた、という感じです。

リモートで光らせてみた

ストロボを買ったら一番やりたかったことをやってみます。

購入したストロボをカメラから切り離し、カメラ側から離れたところで発光させてみます。

これはこんな感じで撮っています。

D750の内蔵フラッシュをコマンダーモード、SB-700をリモートモードに設定しています。

こうすることで、シャッターボタンを押すと、SB-700が反応して、光ってくれます。

(詳しい設定方法などはまたの機会に)

撮影の幅が広がりそう!

今回は購入したSB-700の開封とちょっと試し撮りをしました。

まだまだわからないことだらけですが、これから勉強して、使いこなせるようになっていきたいですね。

ストロボを使用して撮影したら、随時ブログの方にも載せていこうと思います。

今回はここまで。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA