東京スカイツリーで鯉のぼり!こいのぼりフェスティバルに行ってみた

ゴールデンウィークを後半に差し掛かりましたが、これと言って遠出していないマトンです。

どこに行っても混むし、疲れるので、近場で何か撮影できるものはないかと探していたら、

東京スカイツリーで鯉のぼりフェスティバルを開催中のようです。

どんな感じかわかりませんが、とりあえず出かけてみました。

スポンサーリンク

久しぶりのスカイツリー

スカイツリーといえば始発で行こうで昨年11月末に訪れて以来です。

スカイツリーといえば東京の超有名な観光スポット。

日中帯は人で溢れかえっているうえ、連休ともなればもっと混雑は激しそうです。

ということで、混雑を避けるため、朝一で行ってきました。

目的地は4F スカイアリーナ

調べてみると、鯉のぼりは4F スカイアリーナで多く泳いでいるとのこと。

チケットカウンターなどがあるフロアですね。

前回始発できたときは、時間が早すぎてまだフロアに入れずでしたが、

調べたところ6:30から開いていると情報が載っていました。

この時間前にフロアの方に向かってみましたが、まだ封鎖されていて入れません。

しかし、入れるところまででもすでに鯉のぼりが泳いでいました。

ソラマチと鯉のぼり

カメラ:NIKON D750, SS:0.01s, 絞り:f/16, 焦点距離:85mm, ISO:100 現像:Lightroom

鯉のぼり

カメラ:NIKON D750, SS:1/250s, 絞り:f/11, 焦点距離:35mm, ISO:100 現像:Lightroom

スカイアリーナは鯉のぼりだらけ

6:30になったのでスカイアリーナへ。

鯉のぼり

カメラ:NIKON D750, SS:1/250s, 絞り:f/11, 焦点距離:24mm, ISO:100 現像:Lightroom

一面の鯉のぼりですね。

雲が多く、日差しが少ないですが、ちょっと青空も見えています。

スカイツリーをバックに一枚。

スカイツリーと鯉のぼり

カメラ:NIKON D750, SS:1/200s, 絞り:f/11, 焦点距離:24mm, ISO:100 現像:Lightroom

鯉のぼりのカラフルな色に対して、白いスカイツリーをバックにすると綺麗ですね。

基本的に私は東京タワーのほうが好きなのですが、こういうときはスカイツリーもいいですね。

鯉のぼり

カメラ:NIKON D750, SS:1/400s, 絞り:f/13, 焦点距離:35mm, ISO:800 現像:Lightroom

早朝なので、人がぜんぜんいないですね。

お陰でのんびりできます。

透けるものは逆光気味で撮影するときれいに写る

前回の昭和記念公園での撮影時も思ったのですが、こういった鯉のぼりやチューリップなど、

光を通すものは逆光気味にで撮影することで、透明感のある写真に仕上がります。

ソラマチと鯉のぼり

カメラ:NIKON D750, SS:0.01s, 絞り:f/16, 焦点距離:85mm, ISO:100 現像:Lightroom

チューリップ

カメラ:NIKON D750, SS:1/60s, 絞り:f/8, 焦点距離:18mm, ISO:100 現像:Lightroom

また、鯉のぼりの金箔部分など反射するものは綺麗に反射する角度を見つけて撮影すると

いい感じになります。

鯉のぼり

カメラ:NIKON D750, SS:1/160s, 絞り:f/11, 焦点距離:85mm, ISO:100 現像:Lightroom

今まではあまり注意したことがなかったのですが、光を読んで撮影するって大事だなって思いました。

今後このあたりも気をつけて撮影することで、もっといい作品になりそうです。

動画

今回の撮影をざっくりとまとめています。

動画はiPhoneとD750で撮影しています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA