NikonD750のシャッター不具合対象ロットが追加された・・・私のD750も入院決定

現在愛用しているニコンのD750。
以前シャッターの不具合があるとして製品番号の確認が来たことがありましたが、
そのときは対象外でホッとしていたのですが・・・。

スポンサーリンク

ニコンからメールが届いた

本日仕事から帰ってメールを開いてみると、ニコンから”【大切なお知らせ】ニコンデジタル一眼レフカメラ「 D750 」ご愛用のお客様へ”というタイトルのメールが届いていました。

 ニコンデジタル一眼レフカメラ「 D750 」ご愛用のお客様へ
2017年07月12日 対象製品番号再度追加のご案内

平素はニコン製品をご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。

2015年7月および2016年2月に、弊社のデジタル一眼レフカメラ D750の
2014年10月から2015年6月の生産分においてシャッターが正常に動作せず、
撮影画像にケラレが生じる場合があることをお知らせいたしました。

さらに調査した結果、
2014年7月から2014年9月までの生産分および、
2015年7月から2016年9月の生産分の一部におきましても、
同様の現象が発生する場合があることが判明いたしました。

つきましては、2014年7月から2016年9月にかけて生産された製品を
シャッター点検・修理の対象とさせていただきます。

本件において、
ご不明な点がございましたら弊社サービス機関までお問合せください。

お客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますこと、深くお詫び申し上げます。

ニコン・・・。

早速対象機種か確認する

修理対象か否かはカメラの製品番号を確認します。

対象製品の確認方法(Nikonより http://www.nikon-image.com)

だいたいこういったものには今まで引っかかってこなかったので大丈夫かなと思いつつ確認します。

該当製品でした・・・

確認した結果、該当製品でした。

郵送でもいいのですが、久々に新宿のニコンにも行ってみたいので、

サービスセンター持ち込みにしようと思います。

今のところ何も問題なく使えているのですが、実は気づいていないだけで問題が出ているのかも?

どのくらい入院になるかわかりませんが、修理が完了したらまた記事にしたいと思います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA