今年もCP+(シ-ピ-プラス)2018に行ってきました!1時間半で巡る!

今年のCP+は初節句と重なり、土曜日は行けず、日曜日はマトンが仕事で行けない為、日曜日に1人で行ってきました。

娘と一緒に行こうかと思ったのですが、イベント(初節句)の次の日に連れ出すのも大変かと思い、預けをお願いしました。

預けをお願いする時間内での参加の為、イベント場所での滞在時間は1時間半。短い時間の中で何から見ようか悩みながら、見たいところへフラフラしてきました。

スポンサーリンク

CP +2018イベント会場へ!

事前登録を済ませているので、受付をして無料で入場します。

いつも通り、イベントポスターがお出迎えです。ただ、いつもより入り口の場所が奥になったような気がしました。

入り口1箇所でしたが、イベント開始直後でもない為、待つことなく、すんなり入れました。日曜日なので結構人がいますね。

マトンが気になっているマンフロットの三脚

まずは頼まれてた場所から確認。マンフロットの三脚で新しいものが出たそうです。

早速マンフロットブースへ

マトンが今使っている三脚はこれです。(多分)

質量は0.09kg増加していますが、耐荷重は4kgから8kgになっています。これならどんなカメラでも大丈夫そうですね!質量は本当にちょっとしか増えていないので、持った感じは今までと同じ重量に感じます。

さらに、ツイストロックタイプ(三脚の足部分のタイプ)は3色、ブラック、レッド、ブルーとあるようです。

レバータイプは1色ですが、今使っていたタイプと同じなので、こちらの方が扱いやすそうです。ブースで説明してもらった人にも、女性であればレバータイプの方がしっかり固定できるのでオススメと言われました。

雲台部分のロックも、脚部分の動かし方も、いろんな箇所が変わっていました。雲台部分は細かい調整もできそうです。

私は三脚を持っていないので、毎回マトンに借りていましたが、触ってみたら私も三脚欲しくなりました。値段が、、、やっぱりこのくらいしますよね。。。。

NIKONのブースは素通り。。。

新製品の情報もなく、私がみたいものもなかったので素通りです。

時間がもう少しあればゆっくりみたかもしれませんね。機材をお試しできるスペースがあったりと、昨年と同様の展示のようでした。

CANONのブースへ

ミラーレスの新製品EOS Kiss Mがメインのようでした。

ミラーレスカメラはシャッター音が好みではなく、一眼を持っていると、ミラーレス買うならコンデジ派なので、今まであまり触れてきませんでしたが、せっかくなので触れてみることに。

やっぱり軽いですね。持ち運びしやすいサイズで、手軽に撮影できるのはいいですね。目の前の被写体をひたすら撮影してみましたが、動く被写体の撮影は難しいですね。少し操作にも苦戦しつつ、被写体にピントを合わせるのにも工夫しながら撮影してました。

色々触れるのはいいですが、こういうところだとゆっくり見るのは難しいですよね。でも、新製品触るのって楽しいですね!

チェック不足で見れなかったストロボとEOS Kiss X90

調べて行けばよかったーっと後悔しました。帰り際に新製品のストロボがあることを知ったのですが、その時にはもう時間がなく、、、見れませんでした。

今度家電量販店で見てみようかな。。。でも、触ってみたかったなー、、、

エントリーモデルも新製品が出ていたことを知りませんでした。でもKissX90ってどういう立ち位置なのだろうか、、、製品情報を見ると魅力がイマイチ伝わらず、、、

KissX9iの方が魅力的な気がしてしまうのは、私だけでしょうか、、

ひとやすみ

色々チラチラと見て歩き回ってましたが、帰宅まであと数分。ちょっとここらで休憩です。前から気になっていたウェルネス抹茶が試飲できるネスレのコーナーがあったので行ってみました。

抹茶ラテでお願いしました。色々栄養素が入っているみたいです。

近くにミスタードーナッツも出店していて、すべて108円でした。お茶にお菓子!いい組み合わせですね。

あっという間の1時間半でしたが、少しだけでも新製品に触れることができたのでよかったです。来年はもっとゆっくり巡りたいですね、、(^-^;

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA