紫陽花を求めて川崎の浄慶寺へ!ユニークな羅漢像がお出迎え

こどもの国の紫陽花が空振りだったので、

鎌倉まで行こうと思ったのですが、混雑は嫌。

そんな時にぶらっと探していたら川崎の浄慶寺にも紫陽花がたくさん咲いているとの情報が。

早速行ってきました。

スポンサーリンク

柿生駅近くにある浄慶寺へ

小田急の柿生駅から徒歩10分くらいで到着します。

今回は車でいきましたが、駐車場までの道が細く、台数自体も3台くらい?しかないので、

電車で行ったほうがいいかもしれませんね。

駐車場入り口にも早速紫陽花。

ユニークな羅漢王がお出迎え

紫陽花のことしか考えていなかったので知らなかったのですが、

ここにはユニークな羅漢像がたくさんいるとのことで。

団子を食べていたり

真剣勝負中だったり(後ろの羅漢像の顔がなんとも言えない)

写真を撮っていたりと、ゆったりとした感じです。

肝心の紫陽花

目的の紫陽花です。

こどもの国は白い紫陽花ばかりでちょっと寂しかったのですが、

ここはカラフル。

写真のように水色のものもあれば、濃い青色のもの。

紫、赤ととてもカラフルでした。

前日に雨が降ったので、雨粒が残る紫陽花は見応えがあります。

梅雨は雨が多くて嫌ですが、晴れた日では見れないものも観れるので、

雨を生かした撮影ができれば幅が広がりそうです。

しかし、どうも紫陽花となると決まり切った構図になってしまいがちですね・・・。

背景に何か足して見たりしないと変わり映えのない写真になってしまいます。

まあ、綺麗なんですけどね。

ワンポイントで紫陽花を入れるのもいいかもしれません。

望遠レンズがあれば圧縮効果でぎゅっと凝縮された紫陽花を写せそうですが、ないものは仕方ないので色々工夫が必要です。

行く方は蚊に注意

今回は少し肌寒い日に行ったので長袖を着ていて無事でしたが、

結構蚊がいました。

無防備に行くとかなり刺されそうなので、行く方は注意してください。

また、最初にも書きましたが、駅からのアクセスも良いので電車の方がオススメです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA