解放F4通しの望遠ズーム、AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VRを購入!まず開封から

昨年の大三元標準ズームの24-70mm f/2.8E ED VRに引き続き、望遠ズームレンズを購入しました!散財が止まりません・・・

今回は開封のみ。

実際に撮影に行ったら使用感なども書きたいと思います。

スポンサーリンク

なぜ望遠ズームを購入したか?

フルサイズに移行して、キットで買った24-85mmの標準ズームをしばらく使っていましたが、その後もっと広い画角が欲しくなり18-35mmの広角ズームを購入。

そして昨年末、ついに標準ズームを大三元の24-70mm f/2.8にリプレイス。

2年近く望遠ズーム無しで写真を撮って来ましたが、最近まで困ることもありませんでした。

しかし、動物園で動物を撮ったり、圧縮効果を使った撮影など、だんだん望遠域が欲しくなって来ました。

撮影後にトリミングしてるけど。。。

f2.8かf4か?

基本的に自分は純正以外購入する気は無いので以下の2つが選択肢に上がりました。200-500mmの超望遠も有りかと思ったのですが、使う機会が少ないかと・・・。

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

ニコン大三元の望遠域を担うレンズです。

解放f/2.8一定はもちろん魅力的ですが、価格と重さがネックです。

また、だいたい絞って撮影することを考えるとスペックオーバーな気がします。

AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

こちらは解放f/4通しの小三元です。軽くて持ち運びもしやすい。その上大三元に比べると安い(比べるとっていうところが重要!)

自分にとってこっちの方が魅力的なので、こちらを購入しました。

開封します

早速開封して見ましょう。

まず箱の大きさ。

左は24-70mmの箱。箱が縦に長いですね。そしてナノクリレンズなので金色の帯が眩しいです。

箱を開けるといつものセットが入っています。

これだけレンズが大きいので、レンズケースもガッチリしたものかと思いましたが・・・。

黒巾着です。

本体とフード

レンズ本体は細長い筐体です。フィルター径は67mmしかありません。

フードは残念ながら花形では無く、ベーシックな形です。

ナノクリマーク。かっこいいです。

スイッチ類。VRはON-OFFの他にNORMALとACTIVEのモードがあります。

取り合えずONで使っておこう。

標準ズームと比較

標準ズームなのに馬鹿でかい24-70mmと比較してみます。

今回購入したレンズの方が少し長いですね。また太さは全然違います。

標準ズームはフィルター径が82mmもあるので、かなり大きく見えますね。

フードをつけた状態での比較。

全長はそもまで違わないですね。どっちもでかいです。

装着してみましたが、レンズがそこまで重くないので、扱いやすそうです。

ちなみにこのレンズ、インナーズーム方式なので、ズーミングしても全長が変わりません。

いいですね!

早く撮ってみたい

今の所まだ試し撮りぐらいしかしていませんが、ワクワクしています。

早く外に出て撮影したいですね。

今まで見て来た風景もまた違った切り取り方ができそうです。

動画

AF速度など、写真では伝わりにくい部分を動画にしました。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA