久しぶりに飛行機を撮って来た!70-200mm f/4を持って羽田空港!流し撮りは難しい

せっかく望遠ズームレンズを購入したので、今まで撮れなかった飛行機を撮りに羽田に行って来ました。

飛行機に乗るわけではありませんが、やっぱり空港は楽しい。

スポンサーリンク

夕暮れの羽田空港へ

今回は仕事の関係で到着が19時くらいになってしまいました。

夕暮れの場合は第一ターミナルの方が景色がいいので、第一ターミナルの展望デッキへ向かいました。

向かいの国際線ターミナルの奥には富士山も見えます

フルサイズに移行してから、標準ズームの85mmが最も望遠側だったのですが、やっぱり200mmあると違いますね!

もちろん200mmで物足りない時もありますが、DXクロップで300mmになるので今回はそこまであれば十分でした。

もう少し赤く焼けてくれればよかったのですが、それでも景色はすごくよかったです。

工業地帯をバックに一枚。こういったグッと詰まった構図が撮れるのも望遠ならではですね。

もちろん標準レンズでもトリミングしまくればできなくはないですが、後処理しなくてもこれが撮れるのはとても楽ですね

流し撮りしてみよう

今回はひさしぶりの飛行機の撮影だったので、苦手な流し撮りをしてみることにしました。

ちょうど暗くなってきたので、無理にシャッタスピードを落とす必要がなくちょっと楽でした。

これは1/100秒で撮影したもの。あまり流れてないです。

これは1/125秒。これくらいは難しくはないのですが。

1/25秒まで落としてみました。結構背景が流れましたね。

空港のライトも綺麗です。

比較的うまく撮れた写真

1/25秒でも10枚撮影して1枚うまく撮れるかどうか。

腕がないので仕方ないのですが・・・。

ちなみにVRはNORMALモードです。

1/13秒で撮影。

思ったよりうまく撮れました。夜の流し撮りは初めてでしたが、結構楽しいです。

ついには1/8秒。

思ったよりも機体が止まって写っています。

背景が流れる写真には疾走感がでますね。

そして飛行機かっこいい!

飛行機は200mmだと短いか

今回は問題にならなかったのですが、もう少し望遠側が長ければ違うものも撮れたかなーと思ったりします。

でも、持ち運びを考えてしまうとやっぱり70-200mmくらいがちょうどいいのかな。

自分の撮影スタイルには、やっぱり軽くてコンパクトなこのレンズがあっている気がします。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA