なぜ”一眼レフ”を使い続けるのか?

今年のCP+では一眼レフからミラーレス一眼へのシフトが割と明確に出ていました。

期待していたニコンからは新製品が出ずがっかりしましたが、キャノンはミラーレスのkissが発表されました。

これからどんどんミラーレスへのシフトが加速していくのかな?と思うとちょっと寂しい気持ちになります。

スポンサーリンク

軽くてコンパクトなのに高画質なミラーレス一眼

以前にも増してミラーレス一眼が勢いづいています。

軽い・コンパクト・でも高画質。

対して一眼レフは重い・大きいときています。

でも自分としては(今の所)乗り換える気は全く起きません。

それはなぜなのか?

一眼レフが好きな理由

一眼レフのどこに魅力を感じるのか?

ちょっと考えてみました。

シャッター音が好き

実はこれが一番自分の中で大きいかもしれません。

電子的なシャッターが嫌なんですよね。

レフ機みたいに機械的なガシャって音が好きです。

重いけどそれがいい

レフ機はミラーレスに比べれば重いです。

もちろん軽い方が持ち運びもしやすいし、カバンにしまうのも簡単。

それでも自分はやっぱり適度に重い方が好きです。

重さとゴツさで”写真を撮っている”という気持ちが高ぶります。

使い慣れた操作系

もともとフィルムの一眼レフを使っていたこともあり、やっぱりあの形がいいんです。

がっちり握れるボディと欲しいところに欲しいボタンがある。

これがやっぱりいいんです。

でも全く欲しくない訳でもない

やっぱりきちんと撮る時は一眼レフを使いたいです。

でも、ミラーレスがいいなという時もない訳ではないです。

大きいカメラに大きいレンズだとちょっと大げさだったりシチュエーションもあるので。

そういる時にさっと取り出せるミラーレスがあるといいななんて思いますが・・・。

結局満足できない気がします。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA