オイルヒーター購入してから1年。使用してわかったこと&2台目購入!

オイルヒーターを購入してから1年が経ちました。2度目の冬です。

早速今年もオイルヒーターを出してきましたが、前に住んでた家は1LDK(洋室5.6帖、LDKが13.6帖)で、今の家は2LDK(洋室6帖、洋室6帖+ロフト、LDK10.8帖)と間取りが違います。

とりあえず、LDK10.8帖にオイルヒーターを置くことにしました。

スポンサーリンク

使用してわかったこと

陽だまりの暖かさがあるオイルヒーターですが、全ての部屋でうまく使えるとは限りません。適した部屋では抜群の効果を発揮しますが、効果が発揮できない条件がありました。

隙間風の多い部屋には対策が必要

以前の記事でも書いたことがありますが、ドアからの隙間風が多いと暖かさが感じにくいです。窓からの寒い空気をオイルヒーターで温めていても、ドアからも寒い空気が出ていたのでは、結局寒く感じてしまうこともあります。

なので、そんな時はドアの隙間を埋めるテープを使用して隙間風をなくすことが重要です。そうすると、部屋に寒い空気を入らなくなります。

空気循環がいい(換気が効いている)部屋には不向き

LDK10.8帖に置いていましたが、空気循環がとてもよく、いろんなところから寒い空気が流れてきます。部屋として空気循環がいいことはいいのですが、あまりにも空気の流れが良すぎて、部屋全体を暖めるのは難しいです。

晴れている日中は部屋が暖かかったので、ほとんどオイルヒーターが0ワットのままでしたが、天気の悪い日や夜は関東といえど部屋が寒いです。オイルヒーターも頑張ったのですが、空気循環がいい部屋は20度に達するまでに時間がかかる為、オイルヒーターが活躍する機会が少なかったです。

ということで、LDK10.8帖はエアコン+加湿器で対応することにしました。

部屋が乾燥!?外の湿度に左右される

当たり前かもしれませんが、意外とわからなかったこと。外が乾燥していると室内の湿度も上がりません。そうですよね。エアコンより湿度を下げにくくするだけであって、湿度を上げてくれることはありません。

外が乾燥している日には湿度が20%ということもありました。加湿されている部屋であれば、湿度は保たれます。オイルヒーターを使っていても加湿したい!なんてときもありました。そんな時は、少しだけ加湿器を使用していました。

暖かい空気は上にいく

これも当たり前ですが、使っていて実感したこと。LDK10.8帖の部屋に置いていた10畳用のオイルヒーターを洋室6帖+ロフトの部屋に移しました。そしたら、部屋の温まりも良く、さらにはロフトが暖かい!

洋室6帖と言っても、ロフトがあるぶん天井が高い部屋なので、部屋の暖まりを気にしていましたが、思った以上にこちらの部屋がオイルヒーターには適していました。

オイルヒーターを使ってみないとわからないこともありますが、分かる範囲で検討した上で購入したいですよね。オイルヒーターが1台あれば、いろんな部屋で試してみることができました。陽だまりの暖かさって本当にいいです。

オイルヒーター2台目購入

1台目のオイルヒーター購入記事:「乾燥はもういや!オイルヒーター購入しました」で書いていますが、今使用しているオイルヒーターはRFXシリーズの最大10畳用。

こちらです↓

部屋数が増えたので、子供の寝室にも1つ欲しいということになり、同じシリーズの最大8畳用のオイルヒーターを購入しました。1台目のオイルヒーターで効き目は確認済みなので、安心して購入できます。

ユーレックスのオイルヒータRFX8BH-IW(最大8畳)

オイルヒーター2台目ということで、安心できないのは電気代くらい。。。電気代が怖いですね。昨年と電気代がどの程度違うか比較したいところですが、引越ししてしまったので、電気代の比較ができなくなってしまいました。。。んー、残念。

2台目のオイルヒーターはこちら↓

やっぱり、同じシリーズにして正解でした。操作が一緒なので、戸惑いなく設定できました。

また、6帖の洋室に使用していますが、最大8畳用のオイルヒーターなので十分温まります。寝る2時間前から起動するようにしているので、寝る頃には暖かいです。

娘の寝相が最近特に悪いので、布団から出ていることもしばしば。オイルヒーターが付いていると、室温が19度を下回ることがないので、安心して寝ることができます。買ってよかった。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA