旅行ばかり行っていますが、肝心なお金は?ITS旅行パックを使ってみた

IMG_1643

スポンサーリンク

毎年2回は北海道へ

毎年、2回〜3回ほど北海道旅行へ行っていますが、

よくお金あるな!っと思われる方もいるかと思います。

正直、そんなにあるわけではないのですが、、、

今回は、そんなお金に関するちょっとした雑談です。

(むしろ、北海道以外にあまり旅行しないせいかもしれません。。。)

1回の旅行費用は?

夏が2人で10万、冬が2人で6万ほどです。

確かに、なかなかの金額ではありますが、2人ともIT関係の仕事をしているので、「ITS健保」に入っています。

ネットで「ITS 健保 すごい」で調べても分かる通り、いろいろとお得なことが!

その中でも、ITS旅行パックというものを使ってます!これがホント、お得です。

どのくらいお得か(2016年1月現在)

まず、1人年度内(例。2015年3月〜2016年4月)2回使える補助金で、上限は、1人1万円。つまり、二人でこの制度を使っていくと、2万円引きになるわけです!

北海道旅行の冬であれば、1人2万で北海道へ行けちゃうわけです!!

さらに、健保基金に入っていると1泊についき、3500円引きで、確か1年で3泊までだったかと思います。(詳しくは公式でみてください)追記:基金の解散により使用できなくなりました。以下の算出は2016年01月時点のものですのでご了承ください。

とにかく、私たちの場合ですが。。

冬に1泊2日で札幌・小樽へ行った時は、

1人17000円引きだったので:2人で32000円引き

追記:基金の解散後は1人10,000円引き、2人で20,000円引きになります。

通常のツアー予約よりもお得です!!

ITS健保組合に加入している方は是非使ってみてください!

ちなみに、公式以外にも、「ANAスカイホリデー」や「赤い風船」といった

サイトに載っているパンフレットのものであれば、この旅行パックの対象になります!

なので、結構使いやすいです!!

まとめ(自分たちがよくやる方法)

①「ANAスカイホリデー」(セール以外のパンフレット系の商品)でホテルや飛行機の空き情報を検索。電子パンフを見ると書いてあるものであれば大丈夫です!

1476018453881

※検索してから時間が経ってしまうとホテルの空きがなくなり、代わりのホテルを探す等。。手続きが面倒になってしまうので、検索してすぐにファックスを送ると良いです。

② ITSの申請用紙をダウンロードして、①で検索した内容を記載。10営業日前17:00までにファックス送信。

※この後の手順も考えるとこの日程より早めがいいです。

※追記:2016年10月10日の申し込み締め切りは9月26日でした。。。ギリギリの申請は、予約完了時にはキャンセル料金が発生しますのでご注意を。。

③ ITSから電話がかかってくるので、内容に誤りがないことを伝えて終了(1〜2分程度)

※①に書いた通り、ホテルの空き状況が等、内容に差異があると確認時間が長くなります。

補助申請の用紙もファックス②と同時でも大丈夫だった気がしますが、一応手順通り。

追記:電話にて「予約完了」と言われた日の翌日午前中までにネット申請になりました。補助申請する人の「事業所記号・番号(保険証の記号・番号)」「カナ氏名」「生年月日」「性別」「続柄」がわかれば作業時間は5分程度です。

⑤ 補助申請が通れば、補助金額が引かれた金額を振り込んでくださいという郵便物が来るので、それに従って振り込み。

⑥ 振り込み完了後、旅行日10〜15日前に旅行の行程表が来て、いよいよ出発準備!

あとは旅行を楽しむのみ!!

ってな感じです。少し面倒ですが、金額を考えれば、たいした手間ではないです。1度経験してしまえば後は慣れ!作業時間も短くなっていきます。

使える方は年2回使ってみてください!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA