ニコンの速写ストラップ:AN-SBR3を購入!

久々の投稿です^^;

2018初カメラ関連の買い物をしました。

買ったのはストラップ。早速開封して取り付けてみました。

スポンサーリンク

ストラップ購入は2本目

D750を購入した少し後に、ストラップを新調していました。

購入したのはニコンのアローストラップ。

参考:ストラップを変えてみた!Nikonアローストラップ2購入

変えた理由は、カメラ購入時に付属する機種名入りのストラップを変えたかったのと、C-LOOPを使う前提だったので、たすき掛けできる少し長いストラップが欲しかったから。

参考:北海道旅行振り返り。便利だったC-LOOP!恒例の動画も作成完了

C-LOOP使いやすかったんですよ。ほんと。

ただし一つだけ気になる点がありました。

購入に至った理由

C-LOOPが使いやすく、結構長い期間使用していました。ただどうしても心配になること、カメラが落ちたらどうしよう・・・。

ふつうのストラップのつけ方をしていれば、カメラの左右2箇所で接続しているのでどちらかが外れても片方が残るので安全です。しかし、三脚穴を使用して取り付けている場合、もしここが外れたらそのままカメラが天に召されます。

フルサイズのD750を取り付けていても重量的にも問題なく、一度も外れたことはありませんでしたが、昨年末に24-70mmの標準大三元ズームレンズを購入してから、ふと、「これもし落ちたら相当やばいな・・」なんて思いが強くなりました。

そのため、C-LOOPとカメラを繋ぐ物を自作して命綱にしようと思っていましたが、なかなかいい案が浮かばずでした。

そんな時にニコンのサイトを見ていたら・・・ありました。

ND 速写ストラップ S AN-SBR3

まさにこんなのが欲しかった!

三脚穴を使用する部分は同じですが、落下防止用のストラップもついています。

これだ!少し高いですが購入しました。

早速開封

注文してから約2日で到着。便利な世の中です。

そして、おまけでニコンのカレンダー。

簡単な説明書もついてきますが、正直あまり読んでいません。

カメラ取り付け部分

肝心のカメラとの接続部分。

カラビナ部分のレバーもロック機構があり、さらにカバーもついているので、不意に外れてしまうことも少なそうです。

カメラにつけるときは、このカラビナを使って締めをします。

結構がっちり取り付けることができました。

落下防止ストラップ

自分的には一番気になる部分。

あれ?

どっちも同じような金具です。頑張って金具同士を取り付けるのが正しいのかもしれませんが、つけるのも外すのも大変そう。

どうしようか考えたのですが、こんな感じにしました。

カラビナを購入して、これで繋ぐことにしました。

このサイズがちょうど良かったです。

試しにつかってみた感想

まだ実戦では使用していませんが、とりあえずどんな感じなのか使ってみたところ、思った以上に使いやすそう。

移動中はカメラが動きにくく、いざ撮影になったらさっとスライドさせて撮影にはいれます。

あとは実際に撮影で使ってみてから感想など書きたいと思います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA