細岡展望台で釧路湿原を堪能!北海道旅行2016年夏(7月)Part2 千歳・釧路 後編

2016夏の北海道旅行Part2は釧路湿原からスタート!

いきなり野生動物に遭遇したり、美味しい海鮮を食べたり、

充実した釧路でした。

スポンサーリンク

細岡展望台にて釧路湿原を眺める

初めての釧路湿原を楽しむために、釧路湿原の細岡展望台を目指します。

道の駅しらぬか恋問から約50分で到着。

展望台付近は未舗装の砂利道なので、ゆっくり走りましょう。

写真もぶれちゃいました。

IMG_1590

カメラ:Canon EOS 80D, SS:1/160s, 絞り:f/5, 焦点距離:59mm, ISO:640

駐車場に車を止めて10分くらい歩きます。

展望台はもうすぐ。

DSC_5505

カメラ:NIKON D750, SS:1/40s, 絞り:f/10, 焦点距離:18mm, ISO:400

動物注意

写真を撮っていると、後ろの方の茂みからガソゴソ・・・熊??

IMG_1595

カメラ:Canon EOS 80D, SS:1/320s, 絞り:f/5.6, 焦点距離:135mm, ISO:640

鹿でした!

ちなみに今回借りたレンタカーには鹿笛を搭載していて、走行中の風圧がかかると

発動するらしいのですが、人間の耳には聞こえないそうなので、今回の旅行では効果があったのかわかりません。

試験導入では鹿との接触事故が減少したそうです。

(参考:ニッポンレンタカー、北海道の全車に「鹿避け笛」を搭載

DSC_5462

カメラ:NIKON D750, SS:0.01s, 絞り:f/8, 焦点距離:35mm, ISO:100

目の前に広がる大湿原

鹿に驚かされ、運動不足に堪える坂道を登るとようやく細岡展望台に到着。

DSC_5508

カメラ:NIKON D750, SS:1/80s, 絞り:f/10, 焦点距離:35mm, ISO:1600

天気はあまり良くないものの、これはこれでアリかなと思いました。

少し霧がかった湿原も美しい。

DSC_5532

カメラ:NIKON D750, SS:1/125s, 絞り:f/10, 焦点距離:44mm, ISO:400

広角レンズで意外と苦戦

今回の旅行で、マトンはD750+18-35mm広角ズームをメインにしようと思っていましたが、

これがなかなかハマらない。

確かに空間の広さは切りとれるのですが、やはり一つ一つの要素が小さくなりすぎ、

なんだかただの記念撮影になってしまいました。(まあ、それはそれでいいのですが)

この辺りは腕の問題ですね。そこで活躍したのが24-85mmの標準ズーム。

さすが標準ズームというだけ使い勝手はすごくいい。

結局旅行を通して、二つのレンズを半々くらいで使用しました。

釧路プリンスホテルに到着

釧路での宿泊先に選んだのは釧路プリンスホテル。

湿原からもそこまで遠くなく、近くに美味しいお店がありそうなのでここにしました。

気になる窓からの眺めは?

ホテルに宿泊すると、やはり気になるのが部屋の窓からの眺め。

今回のお部屋は釧路港が見えるいいお部屋でした。

DSC_5553

カメラ:NIKON D750, SS:1/320s, 絞り:f/10, 焦点距離:62mm, ISO:3200

夕飯は炉ばた焼

せっかく釧路に来たので夜は海鮮を食べよう!

釧路といえば和商市場の勝手丼が有名ですが、湿原でゆっくりしすぎたため、

時間に間に合わず。(18時閉店)

そこでホテル付近の炉ばた焼店へ。

DSC_5567

カメラ:NIKON D750, SS:0.02s, 絞り:f/13, 焦点距離:24mm, ISO:3200

いくら丼とホタテなどの焼き物を頼みましたが、どれも美味しかった!

DSC_5559

カメラ:NIKON D750, SS:1/60s, 絞り:f/5.6, 焦点距離:85mm, ISO:3200

DSC_5564

カメラ:NIKON D750, SS:0.01s, 絞り:f/5.6, 焦点距離:85mm, ISO:3200

初日はかなりの距離を移動したので早めに就寝。

早朝から釧路湿原へ

北海道旅行では毎度の早朝撮影。

朝4時前からすでに外は明るくなっているので、人が少ないうちにもう一度細岡展望台へ。

もしかしたら朝焼けが見えるかもと期待しましたが、空振りでした。

それでも朝の新鮮な空気の中で味わう湿原の眺めもなかなか。

DSC_5584

カメラ:NIKON D750, SS:2s, 絞り:f/18, 焦点距離:85mm, ISO:100

道中昨日同様鹿に遭遇しました。それも群れで。

2日目は釧路から帯広へ

2日目のまた長距離移動です。

ただ北海道は道中の景色も綺麗なので、運転していても全然飽きません。

帯広は昨年の一人旅で訪れていますが、曇っていたため悔しい思いをしました。

今回は果たして・・・。

Part3へ続きます。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA