象印の10年以上使っていた炊飯器を三菱の炊飯器に買い替えました。

マトンが一人暮らしから使い続けてきた炊飯器。

冷蔵庫同様、使用してから10年以上が経過しました。さすがに炊飯器の内釜の寿命以上に使用し続けて来たのでそろそろ買い替え時になってきました。(冷蔵庫の買い替え記事はこちら

内釜の寿命は3~5年と言われているそうです。

スポンサーリンク

買い替え前:2005年発売の象印のIH炊飯器 NP-GA05(3合炊き)

ご飯が炊けないわけではないけれども、内釜の痛みが気になってきました。内釜だけ購入するという手もあるのですが、内釜だけで7千円程。。。

そして、2人で使用するのにも3合炊きはちょうどいいのですが、炊き込みごはんを作るときにはもう少し容量がほしい。。。ということで買い換えることにしました。

傷んだ内釜です。

結構傷がついています。

フタ部分も傷が多くあります。10年も使っていればこんなものですね。

買い替え後:三菱のIH炊飯器 NJ-10XE4-R(5.5合炊き) クリスタルレッド

いつもはヨドバシなんですが、今回はEDIONで購入。購入したのは「三菱 IH炊飯ジャー(5.5合炊き) KuaL 備長炭 炭炊釜 クリスタルレッド NJ-10XE4-R」です。

もとはNJ-VV107-Wなんですが、EDIONでしか売っていないオリジナルカラーのようです。

開封

早速開封していきます。

クリスタルレッドはきれいな色です。天面がブラックというのもいいですね。

しゃもじと計量カップが炊飯器の付属品としてついていました。

5.5合炊き込みの内釜です。

内蓋は簡単に取り外せて丸洗いできます。水蒸気吹き出し部分も簡単に開くので、中まで洗えます。

炊飯前に洗浄

炊飯する前に付属品や内釜、内蓋を洗いましょう。

計量カップも一応洗っておきますが、米びつがあるのでこの計量カップはほとんど使用しなさそうです。

今回の備長炭 炭炊釜と、以前の内釜を比較

実は憧れていた炭の内釜!内釜の厚さは2.0mm

3.5mmも勧めれたんですが、内釜の厚さにそこまでこだわりがなく、むしろ、厚くなることによって炊きあがり時間が伸びていたのでこのお釜にしました。

この内釜でお米を洗ってもいいみたいですが、怖いのでボウルで洗ってます。

以前の内釜よりサイズは大きくなっていますが、厚さや重みはそこまで変わりませんでした。(実際にグラム数で比較していないので、持ったときの感触での話ですが、、、)

炊きあがり(芳潤炊き)

しゃもじですくった感じはベチャッとしているように見えますが、食べてみると「ふっくら」「シャキ」っとした食感でした。

良かったところ・気になったところ

普通の炊飯でなく、芳潤炊きしかしていませんが、今の段階で個人的に「良かったところ」と「気になったところ」をあげてみました。

良かったところ

・ご飯が美味しい!(ベチャッとしない)

今までの炊飯器では、ご飯が炊きあがった後、ベチャッとしていました。その為、水分量を工夫したり、水分を飛ばすために蓋を開けておく時間があったりしました。

・色がおしゃれ

三菱のホワイトの炊飯器もあったんですが、ホワイトの炊飯器は好みではなく、、、この色にして正解でした。炊飯器を置くラックがブラウンなので、とても合いました。

・炊きあがりまでの分数が、常に出る

今までの炊飯器は10分前からしか教えてくれなかったので、ご飯の炊きあがりに合わせて調理するのが難しかったのです。。。今回の炊飯器は炊飯ボタンを押してから、常にあと何分後に炊き上がるか表示されます。

・サイズがちょうどよい(購入前に置く場所のサイズと耐荷重は重要です)

象印の炊飯器も検討していたのですが、ラックにおいたときのサイズを考えていませんでした。これは5.5合なのにコンパクトなタイプなので置けました。本来なら購入前に調べて置くところですね。

気になったところ

・炊きあがりのお知らせがブザー音でメロディーではない

メロディーでお知らせしてくれる方が好きなだけなので、それだけのことですが。。。

・炊飯器の開くボタンが押しにくい

ラックの炊飯器置き場は、炊飯器を引き出せるようなかたちになっています。なので、側面にボタンがあると、ボタンをおした時、炊飯器を押し戻しそうになります。今まで開くボタンは上部にあったので、気にしていなかったのですが、側面は意外と押しにくいです。

・保温時間の表示が24時間まで

12時間までは低めの温度でおいしく保温してくれます。12時間以降は高めの温度で保温してくれます。保温時間の表示が24時間以降72時間までは表示されないようです。そこまで保温すること自体よくないですが。。。(保温しすぎると1回炊飯するのと変わらない消費電力になるようです)

まとめ

以前の炊飯器で炊いたご飯と、今回購入した炊飯器で炊いたご飯と食べ比べてみましたが、明らかに美味しくなっていました。(芳潤炊きだからかもしれませんが、、、)

炊飯器の内釜だけ買い換えるのではなく、炊飯器自体、買い替えて良かったです。値段は2万7千円弱でしたが、美味しいご飯がこれから食べれるので大満足の買い替えとなりました。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA