念願叶ってとかち晴れ♪特典航空券で行く北海道!ナイタイ高原とハルニレの木編

前編では道の駅スタンプラリーの様子のみでしたが、

ちゃんと撮影にも行きましたよ。

最初は3度目の正直ナイタイ高原。

続いては初めて訪れる、豊頃のハルニレの木です。

スポンサーリンク

3度目のナイタイ高原へ向かう

ナイタイ高原は昨年のひとり旅先月の旅行と今まで2回訪れていますが、

2回とも曇りで絶景とまではいきませんでした。

今回はどうでしょうか。

走りなれた道を進む

すでに3回目なのでさすがに道は覚えました。でも毎回ここで写真を撮ってしまいます。

blog-6450

本当にまっすぐな道です。

blog-6445

見事な快晴。期待が膨らみます。

ナイタイ高原レストハウスに到着

ぐんぐん期待が高まる中、到着。

blog-6463

ようやく快晴のナイタイ高原を見ることができました。

blog-6489

本当に気持ちがいい空模様です。

blog-6468

ここではPLフィルターを付けて撮影したのですが、やはりムラ問題が出てしまい、

数枚修復不可能な状態になってしまいました。

ただしうまくはまったものは本当にきれいな色の出方だったので、

腕を磨きたいところ。

夜のハルニレの木に向かう

前編ではステラ★ほんべつでおやすみ~という感じで終わっていましたが・・・実はまだ続きます。

もちろん当初の予定ではステラ★ほんべつで仮眠だったのですが、キャンピングカーでがっつり車中泊というグループがいくつかいて、こんな軽装で来てしまったのがなんだか恥ずかしくなったので、翌日の朝行こうと思っていたハルニレの木に行ってみることに。

約1時間ほどで豊頃に到着

ナビに「ハルニレの木」と入れて検索したところ、「知らない」と言われてしまったので、

付近の目印を目的地に設定して向かいました。

ハルニレの木は、十勝川の河川敷にあるのですがもう少しで到着と言うところで猛烈な霧が発生。怖くてちびりそうでした。

撮影開始

何とか到着したのですが、河川敷は暗いうえ、霧も出ていたので駐車場から星空の撮影です。

blog-6546

写真ではうっすら写る程度ですが、肉眼でも天の川がはっきり見えていました。

数枚撮影したのですが、いったん避難することに。原因は”蚊”です。

蚊が集まりやすい場所なのか、ひっきりなしにプーンという羽音がします、それも3,4匹はいる感じでした。

ついに限界を迎えて車に避難。一緒に入ってきてしまった蚊を退治してから、

ちょっと休憩。

実は少しだけ河川敷に降りたのですが、こんなシルエットが。

blog-6558

これ、あれだよね・・・。

虫よけを求めて浦幌へ

こんなに蚊がいたんじゃ、まともに撮影できない。

そう思って虫よけを買いに近くのセイコーマートへ向かったのですが、なんと品切れ。

そのため、浦幌のセブンイレブンまで虫よけを買いに行く羽目に。

ようやく仮眠

何とか浦幌で虫よけをゲットしたのは良かったのですが、さすがに疲れたので近くの道の駅 うらほろで仮眠することに。

最初運転席で寝ようかと思いましたが、さすがに寝てる姿丸見えはちょっとと思い、

後部座席でゴロンと寝っ転がって寝ることに。時刻は21時半、出発予定は2:30です。

再びハルニレの木へ

うらほろでの仮眠は、自分でも驚くぐらいしっかり寝れて疲れが取れました。

陽が昇る前に到着したいので、虫よけをしっかり塗って、ふたたび豊頃に向かいます。

朝になってびっくり

昨日は真っ暗だった河川敷の様子が分かりました。

正直夢かと思いました。

blog-6588-2

こんなに大量の麦稈ロールがすぐそこに。さっそく降りてみます。

蚊との闘い第二ラウンド

河川敷に降りるとさっそく蚊が飛んできます。

ちゃんと虫よけしたからOKと思っていたら、顔面を刺され、次はのどのあたりを刺されました。

それもそのはず。

撮影しようとしゃがんだとき、すでに3匹ぐらいがズボンに止まっていました。

これ、全く虫よけしなかったらどうなっちゃうんだろう、寒気がしました。

結局どこか塗っていないところがあれば刺してくるので、最終的に全身に虫よけを振りかけて、

完全防備で向かいました。さすがに蚊もあまり近寄らなくなりました。

こんなに近くに麦稈ロール

蚊との闘いを終えて、ハルニレの木の方に向かいます。

こんなに麦稈ロールをまじかで見るのは初めてです。

blog-6601

blog-6611blog-6621

ひとしきり楽しんだ後は、朝日の中、空港へ向かい東京に戻りました。

動画にしました

今回の旅行を動画にしました。

ひとり旅だったので、動画ほとんどありません。そのため、基本的にはスライドショーです。

よろしかったらご覧ください。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA